FC2ブログ
行動体力


厚生労働省によると


体力を大きく二つに分けて


行動を「起こし」「持続し」「調整」するための
筋力・持久力・柔軟性を指します。


それに対して、病気やストレスに対する免疫力、抵抗力を


防衛体力と分類されています。






今、みんな新型コロナの行く末に不安でいっぱい


なるべく、無駄を避け、体力を温存し、来たるべき事態に備えて


活動を控えている人も多いと思います。






実はこれは逆に、いざというときに動けない身体を作っている


ということなのです。


「行動を起こす力」は筋力だけではありません。


脳が行動を起こすように命令することが必要で、その命令は


様々な刺激を受けた脳が、感情を発動して行動につなげるわけです。


新しい事を経験する度に脳は身体をどう動かして対応するか考え、力を蓄えていきます。






パソコンやスマホから離れて、外へ出て、


運動をしたり文化的活動に参加したり、


ボランティアをしたり、しませんか?


仕事や家事の「運行業務」も、ただやっているだけでは脳は鍛えられません。


常にワクワクできるような新しい発想や


新しいやり方を加えるといいと思います。






歳をとると脳の働きは衰えると思われていましたが


そうではなく、自動的に出来る事が多く


何も考えなくても出来る事が増えてくるからだと言われています。






食べるものもない難民もいる


いずれ世界は新型コロナに席巻されて不況となり飢餓に苦しみ


そして絶滅への道を辿るかも・・・






なんて、想像してじっとしていないで


いざという時に思い通りに動けるよう身体と脳を


鍛えておきましょう。

【2020/06/25 23:30】 | 健康 | page top↑
第3回30種のハーブとビブリオ講座


7月12日に予定しております
第3回30種のハーブとビブリオ講座
キラリと光る瞬間<ローズヒップ>


会場の道後hakuroの大浴場壁面は

東京オリンピックのポスターでお馴染みの
茂本ヒデキチさんが描かれています。
こちらは女湯の壁面の製作状況です。



講座終了後には見学させていただけるそうです。


イベントの詳細はこちらです。


https://facebook.com/events/s/%E7%AC%AC3%E5%9B%9E30%E7%A8%AE%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%95%E3%81%A8%E3%83%92%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AA%E8%AC%9B%E5%BA%A7/1172908133063021/?ti=icl
【2020/06/23 19:00】 | 講座 | page top↑
新しいスタイル


コロナ自粛でリモート会議やwebセミナーが盛んになり

中央の有名な講師の講座を居ながらにして聞けるようになりました。


そんな中、地方でリアルな講座を開催し
参加していただくためには、リモートにはない、それ以上の価値がないと
難しい時代になってきたと思います。


わざわざ時間を作って、足を運んで来ていただくためには何が必要か


いろいろ考えましたが、新型コロナの影響でカルチャー的な講座が
減り、そのおかげで1つの講座にじっくりと時間をかけて
準備をすることができました。


例えば、拙書では
「イチョウはアレルギー物質であるギンコール酸を除去したものを」
とだけ書いていますが
ギンコール酸のアレルギーとはどんな症状か
ギンコール酸の除去の方法
日本と海外の使用薬剤の違いはなぜか
禁止薬剤が必ずしも、有害度が高いというわけでもない


など、お話する場面では1分くらいで終わることを
何日もかけて調べるということができました。


そして、脳の話の1つの話題として
調べ始めたダ・ヴィンチ
私などとはかけ離れすぎた何の参考にもならない人物と思っていましたが
これだけ、現代でも広くもてはやされているということは
ただ凄い人だから崇めている、というわけでもないことがわかりました。


1つの事さえ完成していないのに
別のことに時間を使うとか興味を持つという事は
余計なこと、本来の仕事の時間を奪うように思っていたのですが
ダ・ヴィンチを掘り下げていくと
人はマルチな活動によって全体が底上げされる
という事に気づきました。


つまり自分にとっての中心の事も一緒に
底上げする力になるのだということを実感しました。


それはダ・ヴィンチのようなハイスペックなレベルでなくても
どんなレベルにおいても同じだということに気づきました。


ダ・ヴィンチは宇宙人か?未来人?とも言われていますが
彼の手稿の解説などを見ていると、マルチに興味を持ち
それぞれを1からではなく専門家に教えを請うことで
そこからの発想が、それだけに専念している専門家以上の広がりを
持ち完成度が上がるのだということがわかりました。


今回は、梅錦ガーデンにお勤めだった方が営む
「かふぇ ごじんや」さんよりランチのケータリングをお願いしました。


講座テーマの「脳」に関連する食材をお願いして
目も心も身体も喜んでいただけるものを講座のコンテンツとして提供できました。


参加者の皆さんのブックトークも刺激的で
殆ど知らない本で、どれも手に入れたくなりました!


HERBを仕事にしているわけでもなく
特に必要もない人をお招きするということに遠慮があって
ずっと、付き合ってもらっているという感じを持っていました。
束の間の、ストレス解消、楽しい時間を提供する・・・
それでいいんだと思っていました。
でも、意味のあることを提供しているということに胸を張って
一つでも、参加者の皆さんの
明日からの暮らしにお役に立てる情報を提供し
ハーブの楽しみをみなさんにお伝えしていこうと思いました。


一番強く実感したのは、居ながらにして
目と耳からのみの刺激ではなく
決断して、行動して、五感をフルに使うことで
脳が鍛えられ成長するということ。
【2020/06/21 21:11】 | 教室 | page top↑
コルシカミント






ほんの少しお裾分けしたら
早速、手作りのマルベリージュースに
浮かべて、どうぞ、と。


素敵です。
【2020/06/04 22:03】 | herb | page top↑
やっと 胸を張れます




HPのカートからご注文くださった方から

涙が出るような感想をいただきました。


実は、Shihoを初めてお渡ししたのは
志保さんのお嬢様方
「良い香り、美味しい、母もきっと喜んでいると思います。」と言ってくださいました。


次に、尊敬する先輩にお渡しました
その時の感想が「不味い」でした。


とてもショックで気力を失いかけましたが
全ての人が美味しいと思うものなどない
心を込めて作ったのだから、わかる人には届くはず・・・と
思いつつ、それでも
「不味いかもしれないものを付き合いで
買ってくださっているのではないか・・・」
という負い目がずっとありました。


Shihoをお届けして喜んでいただき
その感想に私も涙が出るほど嬉しい
これこそが事業の本質


わかる人にしかわからない・・・だから
わかる人に届ける・・・・


そんな当たり前のことにやっと気づくことができました。


お客様の了解を得ましたので、一部掲載させていただきます。


*************


松山市K様


とても楽しみにしておりました。
袋を開けたときに立ち上がる香りに「あぁこれだ…」と思わず声が出ました。
求めていた以上の香りにうっとりしました。
柑橘の入ったハーブティーが好みなのですが、なかなか意中のものに出会うことができずにいました。
早速いただき、再びうっとり、くろもじの香りに久万の新緑を感じました。
おだやかな、そして優しい味にほわぁと心身の疲れが解けました。
おかげで新鮮なくろもじの香りを堪能することができました。


*************



K様
本当にありがとうございました。
【2020/06/01 19:09】 | ハーブティー | page top↑
| ホーム | 次ページ