FC2ブログ
泥棒酢


ハーブを勉強した人はどこかで出会っていると思いますが
ヨーロッパで黒死病(ペスト)が大流行したときに
死者や死者が出た家から金品を奪い取っていた4人の盗賊の
驚きの予防法です。


彼らは、ハーブやスパイスなどを加えた酢を体や衣服に塗って
ペストから身を守ったそうです。
絵本では、ハーブやスパイスをいれた釜の中で衣類を炊いて
身に着けたというものもあります。


死刑になるところ、そのレシピを教えることで免罪されたそうです。
実話と言われていますが、おそらくその「泥棒酢」を発売した
薬局の誇大広告だったのではないかと思います。


そのレシピを現代に蘇らせたビネガーを
「フォーシーブスビネガー28泥棒酢」として販売されています。




Amazonでは取り扱いがなく入荷予定もないようですが
こちらのサイトでは販売されています。


http://biz.prema.co.jp/products/thievesvinegar/


500mlのビネガーが3800円となかなか高額ですが
こちらのサイトではレシピが公開されています。
かなり美味しそうなものがいろいろ入っています。


当時から知られていたハーブは
セージ、ローズマリー、ニンニク、ミント、シナモン、ナツメグ
など。ご家庭の庭や近所のスーパーで手に入りそうなものばかり
ですので、酢に漬け込んで「泥棒酢」を作ってみられては
どうでしょう?


新型コロナはウイルスで、ペストは細菌ですし
体に塗って予防するという使い方も現実的ではありませんが
個人がちょっと安心になれる、身体に良い酢を作って
毎日少しずつ飲んで体力をつけるというのも
作る楽しみ、使う楽しみ、で気持ちも晴れやかになって
良いのではないかと思います。
【2020/03/23 20:37】 | herb | page top↑
正統派タッジーマッジー




英国発祥のタッジーマッジーは


チューダー朝(1485~1603)の時代に悪臭を防ぐために香りの良いノーズゲイと呼ばれる小さな花束を、持ち歩いたのが発祥と言われています。




その後、ヴィクトリア朝時代になると、その小さな花束がタッジーマッジーやヴィクトリアン・ポージーと呼ばれ、
疫病や悪霊から身を守るものとして、また花言葉を添えた
プレゼントとして流行しました。




初めは、ハーブの花を無造作に束ねたものでしたが
だんだん、手のひらサイズに、きっちりとラウンド型に
束ねるスタイルになりました。




タッジーマッジーで人気のイギリス南部にある
アメリカンミュージアムでは
中心にバラを配置して、周りには同じハーブを偏らずに配置する
ことにより、悪霊を祓うと教えていただきました。




偏るとそこから悪霊が入ってくると。




日本に帰ってからも、教えていただいた
中心にバラを配して、周囲のハーブは等間隔に
手のひらサイズ
にこだわって作っていましたが
ほとんどのタッジーマッジーはサイズもバランスも自由で
個人的には悪霊をよせつけない
タッジーマッジーとはちょっと違うなと思っていました。




ですので、Kazuko Nishiokaさんが作られるタッジーマッジーを見たときは
バランス、サイズともに、正統派タッジーマッジーだ!と
嬉しく思い、2016年の久万高原ハーブサミット でも
ミニレクチャーをしていただきました。




今年は、その西岡さんの地元高知県でのハーブサミット です。
ぜひ、正統派タッジーマッジーを教えていただきたいと
願っています。




写真は中心に柚子の花を配していらっしゃいます。
写真の使用は許可をいただいております。 
【2020/03/17 01:42】 | herb | page top↑
香りの花束ブレンド


アンのお茶会でお配りするハーブの花束を15人分ご用意しました。

私は当たり前と思っていたことですが
ハーブの花束を作るときには束にした時の香りを
意識しながら作っていきます。

長くハーブに親しんでいると、庭のハーブを集めながら
このハーブ類にはもう一種類、この香りを加えるとこんな感じになる、
というイメージが作る前に想像できます。

グリーンの濃淡で作るハーブの花束は、色彩的にはまず失敗はありません。ですので、私は束ねた時の香りのバランスにこだわっています。

たった15束ですが、とても時間がかかります。
【2019/07/22 00:41】 | herb | page top↑
ハーブは成分のみにあらず
ヘンリー王子とメーガンさんの結婚式のケーキに使われたエルダーフラワー(セイヨウニワトコ)
イギリスではコーディアルやジャムに一般家庭でも使われているハーブです。
もう10年以上前になりますが
主人の実家が所有する3棟の賃貸物件のネーミングを相談され
その一つに「エルダーハイム」という名前を提案しました。

エルダーはマスカットのような甘い香りでリラックス効果があり
不安な気持ちや緊張がほぐしてくれて、お茶にするとぐっすり眠れる上に
アレルギーや風邪の初期症状も和らげてくれる機能性を持っています。
花言葉には「思いやり」や「苦しみを癒す」などの優しさがあります。
数年前に、ウロウロして覗き込んでいる男性がいたので不審に思って
何かご用ですか?と尋ねると、転勤してくるのだけれど
会社から社宅としてここの1室を含め3つの部屋を提案されたので
下見にきた、といわれます。
エルダーハイムってどういう意味ですか?と尋ねられたので
エルダーフラワーが持つ力と、花言葉を紹介し
住まれる方が健康で幸せでありますようにという大家の願いを込めて名づけました、
とお話したら嬉しそう微笑んで帰っていかれ、その後すぐに管理会社から、
社宅として貸している部屋への入居が決まったと知らせがありました。
ハーブには様々な薬効と呼ばれる機能性がありますが
ハーブの魅力は、「成分」だけではない、色や香り、
花言葉や語り継がれているエピソードなど、様々な魅力があります。
残念ながら、私が植えたエルダーの苗は、秋になると紅葉して美しい、という私の一言に、義父が「葉が落ちるのはいかん」と抜いてしまいましたが…>_<…
【2018/05/22 18:06】 | herb | page top↑
スペアミント

身近にハーブがあるのが当たり前でしたが
久しぶりにスペアミントを車に積んであちこち走り回っていると、
良い香りが車内に広がって・・・ああ、なんていい香り!
なんて素敵なんだろう!としみじみ思いました。
ハーブを運ぶときは、複数種類を運ぶことが多いので
スペアミントだけ、の香りが新鮮でした。
【2018/05/10 21:18】 | herb | page top↑
| ホーム | 次ページ