FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ポール・スミザーさん

ポー10年くらい前、愛媛支部でも講演会をしていただきました。
空港から会場へ、会場からレストランへ、レストランからホテルへと、ずっと車でお話して、講演会の何倍ものお話を聴かせていただきました。そしてちょっと立ち寄った我が家の雑木林チックな庭を見て「僕はこんな庭が大好きだ」と言っていただいたことを、今も嬉しく思い出します。
久しぶりにポールさんのお話を伺って
私のこの10年の植物への考えを育ててくれたのは、ポールさんだった、と思い出しました。
園芸書に書いてあることを、そうかなあ??と思っていたところにポールさんとお会いして、園芸書に書いてなくても、植物の気持ちに寄り添って、どうするか考える、咲きたい場所で
咲かせる、無駄な手をかけなければ、自然は無理なく循環する・・
それが正しいという確信を持つ事ができた10年だったように思います。
最近はどこもかしこも講演会ばかりで食傷気味な人からは「わざわざ遠くから来た人の話を聴きにいかなくても身近に素晴らしい人は沢山居る」と言われたことがあります。
でも、私はどんな人の話からも、自分が今疑問に思っていたり、知りたかったり、背中を押してもらったりできる言葉を見つけて
「ああ、来て良かった。」と思うのです。
→続きを読む
スポンサーサイト
【2016/09/25 23:34】 | JHS | page top↑
ハーブでバレンタインチャリティーforあしなが育英会
毎年参加しているコムズde遊ぼう

今年は、「ハーブでバレンタイン」ハート&チャリティーをテーマに参加
することにしました。

今、受験シーズンですが、
「親を亡くした子どもたちに進学の夢と心のケアを」と1988年から
四半世紀に渡って支援活動を続けている
「あしなが育英会」への支援を目的にチャリティーを行います。

明日は、私たちの手作りのハートのサシェや石鹸、アレンジメントなど
ご覧になって、親御さんを亡くした子どもたちへのご支援をよろしくお願いいたします。


【2015/01/24 22:39】 | JHS | page top↑
熊井明子先生 桐原春子先生 講演会
熊井明子先生 桐原春子先生をお招きしての講座

「道を拓く」~ハーブとともに

夢のような時間でした。
桐原先生が暮らしの中に取り入れていらっしゃるハーバルライフを
ご紹介くださり、熊井先生が、新著ニューモイストポプリについて
ご紹介くださり、最後に、熊井先生から会場のすべての人の
心に響く励ましの言葉をいただきました。

ハーブのお話やポプリ、生き方など、ご本を読めば
書かれていることであっても、やはりご本人からお聞きすると
その美しい声や姿、包み込む優しさ、何より私達には無い
「上品さ」のシャワーを浴びているようでした。
あんな風になれなくても、お二人のシャワーを浴びて
明日からの生き方、今悩んでいた、人生の選択など
示唆に満ちたお話に深く頷きながら拝聴しました。

松山市男女共同参画支援事業として、申請し
支援をいただいて実施しました。
支援は費用だけではなく、会場費が無料であったり
市の広報でインフォメーションしていただけたり、メリットがたくさんあります。

そのプレゼンテーションの時に、審査員の中から
支援事業なのに、1500円は高すぎる、というご意見がありました。
一般的に支援を受けて開催するイベントは無料とかせいぜい1000円まで、と。

しかし、いくら支援をいただいても、どのくらい集客できるかわかりませんし
支援だけでは、赤字になってしまいます。
その時、審査員のお一人の前田眞さんが
僕はいいと思うよ、3000円でもいいと思う、
あなたたちはタダだから来る人たちに伝えたいのか、それとも
お金を払って、足を運んでくれる人に伝えたいのか、と。
内容に見合う参加費を取ることが、松山の文化レベルを上げることに
つながると思う、と言ってくださり、自分としてもこんな値段で
人を集められるか、と心配していましたが、なるほど、と心が決まりました。

前田さんがおっしゃったとおり、100名もの方が雨模様の中
お越しくださいました。
そして、アンケートには満足してくださったことばかりが書かれていました。
これからも、胸を張ってご紹介できる内容を用意して、
それに見合う参加費をいただくということを
これからも目指していきたいと思いました。


今回の講演会は
遠く横浜支部から2名、香川支部から7名、山口支部から3名の
ご参加をいただき、夜は先生を囲んで支部交流会となりました。

お二人の先生方とゆっくりとお話をすることができ、
また自己紹介でそれぞれ他支部の方々ともお話をすることが出来て
本当に有意義で楽しい時間を持つことができました。
【2013/10/20 22:59】 | JHS | page top↑
紫竹おばあちゃんの幸福の庭  ~紫竹昭葉さん87歳
201205201.jpg
sitiku.jpg

「みなさん、こんにちは」
その一言を耳にした途端、わー、この人大好き!と思いました。

ご主人を亡くして泣き暮らしていた昭葉さんが、お嬢さんの
一言「お父さまが好きだったのは、太陽みたいなお母さまだったでしょ。
いつまでもそうやって泣いていて、いいはずないんじゃない?」
を聞いて、長い悲しみの淵から立ち上がったと思ったら、
農業などやったこともない昭葉さんが広大な土地を購入して
お百姓さんとなり、その15000坪をお花畑にするという
夢に向かって歩き始めたのだそうです。

63歳・・・・
ご家族は大反対、知識も経験もなくただ「やりたい」だけの
おばあちゃんでしたが、次々と支援者が現れて
本当に素晴らしいお庭が完成したそうです。

それから24年後の今日
可愛らしくて、日本語とはかくあるべき、というような
美しく丁寧な言葉で、会場の私たちを魅了したのです。

交流会にもご参加くださっていたので、
購入したばかりのご本にサインをしていただきました。

P1090490.jpg


昭葉さんからたった1日で沢山のことを学びました。

誰にでも好意的に接すること
年齢を気にして骨惜しみしないこと
人生を深刻に考えないこと
「難しい」と最初から諦めないこと
女性であるということを忘れず花飾りの帽子を被ること
(心の面で)
P1090491.jpg

そして一番大きなことは
昨日まで溜息ついていたことを、肯定的に考えることが
できるようになったことです。

北海道からお越しになって、「座ってお話くださいと言われたけど」と
長時間立ってお話しくださった紫竹おばあちゃん
付き添ってお越しくださった次女の方
昭葉さんを講師にお招きくださった石原憲一郎新理事長
本当にありがとうございました。
【2012/05/20 23:07】 | JHS | page top↑
人と自然の空間的共存を図る時代 ~涌井史郎氏
MasayukiWakuiM.jpg


全国ハーブセミナー2012
午前の講演は涌井史郎氏でした。
「サンデーモーニング」のコメンテーターと言われても
あまり見ないので、どんな方か存じ上げていませんでしたし
私のイメージするコメンテーターは、ワイドショーなどで
専門分野でもないことを井戸端会議的にしたり顔にコメントする人・・・
そういうイメージがありました。

しかし、です。

今まで、環境問題や生物多様性など、いろいろな方の講演を拝聴しましたが
たった2時間で、この問題に知識のない人たちに
全てを網羅して、無駄なく飽きさせずお話されるのには驚きました。
この講演はDVDになって後日参加者に配布されますので
是非是非、身近な方にもご覧いただきたいと思います。
【2012/05/20 23:05】 | JHS | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。