FC2ブログ
今日書店で買って読みました ~フォトグラファー熊博之さん
01.jpg

三浦保環境基金をいただいて、せっかくだから多くの人に興味を持っていただけるよう
インフォメーションをしたい、という話の中から、メンバーのみすずさん(こちらではMeilinさん)が
お仕事の方でご一緒したのだけど、とても誠実なお仕事ぶりで、センスのいいフォトグラファーの
方がいらっしゃると紹介してくれました。
デザイナーではないけれど、どのくらいのギャランティーでお願いできるか
お伺いしてみる、ということになり、ご縁をいただいて今に至っています。

少人数で企画しているので、意見の違いや
オファーをした方との連絡がうまくつかず、何度も危機に瀕しましたが
熊さんのお人柄に助けられ、てここまでやってこられました。

出来上がったチラシも大変すばらしくて、どんなにいい会なんだろう、と
ご覧になる方々の興味を最高に盛り上げていただきました。

彼のことをみすずさんが「子どもたちに明るい未来をNET」のブログで
詳しく紹介してくれていますので、是非ご覧ください。
その記事の中に、オファーのお返事に
「センスオブワンダーを知らなかったので、今日書店で買ってきて読みました」
と書かれていたことを、思い出しました。
当時は、まあ、ありがたい、と思っただけでしたが
今振り返れば、彼のこのような、飾らない正直さ(知らないと言える)や
誠実さ(すぐに買いに行って読み、クライアントを理解しようとする姿勢)が
こんな素敵なチラシや活動の記録となったのだと思います。

私たちのこれまでのイベントで関わる方々は、既にセンスオブワンダーをご存知の方が多く、
また朗読を聴いて、興味を持って本を読んでくださる人が多くて
説明があまりいらないことが多かったのですが、若い人にご参加をいだだく機会が増えると、
私たちが伝えたい「センス・オブ・ワンダー」をご存知ない方も多くなってきました。

フォトグラファーとクライアント、で終わる関係ですが
彼の真摯なお仕事ぶりを見ていると、本業の方でもっともっと応援したい、と思います。

フォトグラファーKUMAですから、本業はチラシデザインではなく
写真を撮ることです。

なので、私は、今後も彼のインフォメーションをしていきたいと思っています。


ちょうどお子さんが1歳、これからもセンス・オブ・ワンダーの心を大切に
愛情あふれるご家庭を作っていかれるのだろうな、と微笑ましく応援しています。

!cid_043FEDCE-A0D4-4CFB-B618-A2166192FE0A.jpg


【2011/09/28 10:23】 | person | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ