FC2ブログ
新しいスタイル


コロナ自粛でリモート会議やwebセミナーが盛んになり

中央の有名な講師の講座を居ながらにして聞けるようになりました。


そんな中、地方でリアルな講座を開催し
参加していただくためには、リモートにはない、それ以上の価値がないと
難しい時代になってきたと思います。


わざわざ時間を作って、足を運んで来ていただくためには何が必要か


いろいろ考えましたが、新型コロナの影響でカルチャー的な講座が
減り、そのおかげで1つの講座にじっくりと時間をかけて
準備をすることができました。


例えば、拙書では
「イチョウはアレルギー物質であるギンコール酸を除去したものを」
とだけ書いていますが
ギンコール酸のアレルギーとはどんな症状か
ギンコール酸の除去の方法
日本と海外の使用薬剤の違いはなぜか
禁止薬剤が必ずしも、有害度が高いというわけでもない


など、お話する場面では1分くらいで終わることを
何日もかけて調べるということができました。


そして、脳の話の1つの話題として
調べ始めたダ・ヴィンチ
私などとはかけ離れすぎた何の参考にもならない人物と思っていましたが
これだけ、現代でも広くもてはやされているということは
ただ凄い人だから崇めている、というわけでもないことがわかりました。


1つの事さえ完成していないのに
別のことに時間を使うとか興味を持つという事は
余計なこと、本来の仕事の時間を奪うように思っていたのですが
ダ・ヴィンチを掘り下げていくと
人はマルチな活動によって全体が底上げされる
という事に気づきました。


つまり自分にとっての中心の事も一緒に
底上げする力になるのだということを実感しました。


それはダ・ヴィンチのようなハイスペックなレベルでなくても
どんなレベルにおいても同じだということに気づきました。


ダ・ヴィンチは宇宙人か?未来人?とも言われていますが
彼の手稿の解説などを見ていると、マルチに興味を持ち
それぞれを1からではなく専門家に教えを請うことで
そこからの発想が、それだけに専念している専門家以上の広がりを
持ち完成度が上がるのだということがわかりました。


今回は、梅錦ガーデンにお勤めだった方が営む
「かふぇ ごじんや」さんよりランチのケータリングをお願いしました。


講座テーマの「脳」に関連する食材をお願いして
目も心も身体も喜んでいただけるものを講座のコンテンツとして提供できました。


参加者の皆さんのブックトークも刺激的で
殆ど知らない本で、どれも手に入れたくなりました!


HERBを仕事にしているわけでもなく
特に必要もない人をお招きするということに遠慮があって
ずっと、付き合ってもらっているという感じを持っていました。
束の間の、ストレス解消、楽しい時間を提供する・・・
それでいいんだと思っていました。
でも、意味のあることを提供しているということに胸を張って
一つでも、参加者の皆さんの
明日からの暮らしにお役に立てる情報を提供し
ハーブの楽しみをみなさんにお伝えしていこうと思いました。


一番強く実感したのは、居ながらにして
目と耳からのみの刺激ではなく
決断して、行動して、五感をフルに使うことで
脳が鍛えられ成長するということ。
【2020/06/21 21:11】 | 教室 | page top↑
| ホーム |