FC2ブログ
新しいスタイル


コロナ自粛でリモート会議やwebセミナーが盛んになり

中央の有名な講師の講座を居ながらにして聞けるようになりました。


そんな中、地方でリアルな講座を開催し
参加していただくためには、リモートにはない、それ以上の価値がないと
難しい時代になってきたと思います。


わざわざ時間を作って、足を運んで来ていただくためには何が必要か


いろいろ考えましたが、新型コロナの影響でカルチャー的な講座が
減り、そのおかげで1つの講座にじっくりと時間をかけて
準備をすることができました。


例えば、拙書では
「イチョウはアレルギー物質であるギンコール酸を除去したものを」
とだけ書いていますが
ギンコール酸のアレルギーとはどんな症状か
ギンコール酸の除去の方法
日本と海外の使用薬剤の違いはなぜか
禁止薬剤が必ずしも、有害度が高いというわけでもない


など、お話する場面では1分くらいで終わることを
何日もかけて調べるということができました。


そして、脳の話の1つの話題として
調べ始めたダ・ヴィンチ
私などとはかけ離れすぎた何の参考にもならない人物と思っていましたが
これだけ、現代でも広くもてはやされているということは
ただ凄い人だから崇めている、というわけでもないことがわかりました。


1つの事さえ完成していないのに
別のことに時間を使うとか興味を持つという事は
余計なこと、本来の仕事の時間を奪うように思っていたのですが
ダ・ヴィンチを掘り下げていくと
人はマルチな活動によって全体が底上げされる
という事に気づきました。


つまり自分にとっての中心の事も一緒に
底上げする力になるのだということを実感しました。


それはダ・ヴィンチのようなハイスペックなレベルでなくても
どんなレベルにおいても同じだということに気づきました。


ダ・ヴィンチは宇宙人か?未来人?とも言われていますが
彼の手稿の解説などを見ていると、マルチに興味を持ち
それぞれを1からではなく専門家に教えを請うことで
そこからの発想が、それだけに専念している専門家以上の広がりを
持ち完成度が上がるのだということがわかりました。


今回は、梅錦ガーデンにお勤めだった方が営む
「かふぇ ごじんや」さんよりランチのケータリングをお願いしました。


講座テーマの「脳」に関連する食材をお願いして
目も心も身体も喜んでいただけるものを講座のコンテンツとして提供できました。


参加者の皆さんのブックトークも刺激的で
殆ど知らない本で、どれも手に入れたくなりました!


HERBを仕事にしているわけでもなく
特に必要もない人をお招きするということに遠慮があって
ずっと、付き合ってもらっているという感じを持っていました。
束の間の、ストレス解消、楽しい時間を提供する・・・
それでいいんだと思っていました。
でも、意味のあることを提供しているということに胸を張って
一つでも、参加者の皆さんの
明日からの暮らしにお役に立てる情報を提供し
ハーブの楽しみをみなさんにお伝えしていこうと思いました。


一番強く実感したのは、居ながらにして
目と耳からのみの刺激ではなく
決断して、行動して、五感をフルに使うことで
脳が鍛えられ成長するということ。
【2020/06/21 21:11】 | 教室 | page top↑
コルシカミント






ほんの少しお裾分けしたら
早速、手作りのマルベリージュースに
浮かべて、どうぞ、と。


素敵です。
【2020/06/04 22:03】 | herb | page top↑
やっと 胸を張れます




HPのカートからご注文くださった方から

涙が出るような感想をいただきました。


実は、Shihoを初めてお渡ししたのは
志保さんのお嬢様方
「良い香り、美味しい、母もきっと喜んでいると思います。」と言ってくださいました。


次に、尊敬する先輩にお渡しました
その時の感想が「不味い」でした。


とてもショックで気力を失いかけましたが
全ての人が美味しいと思うものなどない
心を込めて作ったのだから、わかる人には届くはず・・・と
思いつつ、それでも
「不味いかもしれないものを付き合いで
買ってくださっているのではないか・・・」
という負い目がずっとありました。


Shihoをお届けして喜んでいただき
その感想に私も涙が出るほど嬉しい
これこそが事業の本質


わかる人にしかわからない・・・だから
わかる人に届ける・・・・


そんな当たり前のことにやっと気づくことができました。


お客様の了解を得ましたので、一部掲載させていただきます。


*************


松山市K様


とても楽しみにしておりました。
袋を開けたときに立ち上がる香りに「あぁこれだ…」と思わず声が出ました。
求めていた以上の香りにうっとりしました。
柑橘の入ったハーブティーが好みなのですが、なかなか意中のものに出会うことができずにいました。
早速いただき、再びうっとり、くろもじの香りに久万の新緑を感じました。
おだやかな、そして優しい味にほわぁと心身の疲れが解けました。
おかげで新鮮なくろもじの香りを堪能することができました。


*************



K様
本当にありがとうございました。
【2020/06/01 19:09】 | ハーブティー | page top↑
選手交代




4月の可愛いカモミールやフリージア、チューリップが
主役だった庭が、1ヶ月経つとすっかり様変わりします。


ジャーマンカモミールが消えた頃には
ダイヤーズカモミールが咲き始め


コーンフラワーの茂みの間にボツボツを顔を覗かせていた
ニゲラが、弱ったコーンフラワーを凌ぐ勢いで元気に咲いています。


オックスアイデイジーもあっという間に広がり




コモンセージの花が終わる頃にはラベンダーセージや
ボックセージが涼しげな花色を見せてくれます。




倒れたカルドンの脇芽から蕾が沢山生まれて


頑丈なフレンチ系ラベンダーが終わる頃には
イングリッシュラベンダーによく似たグロッソが咲き始めます。


アサツキ代わりに重宝していたチャイブも花盛り


消えてしまったかとヒヤヒヤさせられるコルシカミントも
日陰に移動しておいた鉢の中で復活


匂いが苦手だけど可愛いので育てている
ルー(ヘンルーダ)もいつの間にか咲いています。


シナモンゼラニウムは益々旺盛に


父のバラは、いよいよお別れ間近、精一杯咲き誇っています。


そして一番の強敵は、庭中に生えてきた「蓼藍」


絶対花を咲かせないように気をつけているのに、こんなに
飛び散らかっています。
きっと、近所にも飛んで行っているのではないかと
思いますが、こちらからもあちらからも見えないので
気にせず、自宅に蔓延っているものだけレッドカードを
見せたら退場してくれるといいのに・・・
【2020/05/23 19:32】 | herb | page top↑
ホワイトワイルドストロベリー


植えた年は、熟してるのかどうか判断に迷いましたが

何年か見ているとだいたい採り頃がわかるようになりました。


それにしても、食欲をそそらない色です。
赤と白を植えていたのですが、いつのまにか白だけになりました。


この熟れているかどうかわかりにくい
食欲をそそらないホワイトストロベリーの存在価値は?
鳥も食欲をそそられないようで、食べません。
鳥に依存しない分、ランナーをグングン伸ばして繁殖力が強く、ついに赤は駆逐されてしまいました。


鳥は実の色で見分けているのか調べてみました。
日本では種子散布を鳥に依存している樹木の実の色は、冷温帯の地域では赤が46.1%、黒が44.9%で、暖温帯になると黒47.0%、赤35.0%、ヨーロッパや他の地域でも似たような結果になるそうで、青やオレンジなどは少ないようです。そもそも白は鳥には未熟と判断されるようです。


味は、赤と両方有った頃に食べ比べてみましたが
目をつぶって食べると大差ないのですが
色を見ながら食べると、やはり赤い方が美味しく感じます。


「西の魔女が死んだ」でジャムにするシーンが出てきますが
愛媛のジャムおじさんこと山田さんによると
あまり美味しくない、とのこと。
苺と一緒にジャムにしてみました。


出来上がると苺色に染まって、見分けがつきません。


ちなみに、苺ですが丸い穴がナメクジ
鋭い1直線に傷がついているのが鳥の食べ残しです。

【2020/05/21 20:15】 | herb | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ