FC2ブログ
NHK文化センター松山教室 季節のハーブを楽しむ
NHK文化センター松山教室

季節のハーブを楽しむ

数日来、たまたまですが何人かの方に
ご紹介した本を、教室でもご紹介しました。

GO WILD
野生の身体を取り戻せ

というと、まるでターザンみたいな身体を目指せと
言われているようですが、そうではありません。

特別なことではなく、伝統的な食事、人間にとって必要な
運動、睡眠、などを、最新の科学の裏付けから
紹介しているものです。
筆者は私たちに「引き金」を見つけることを勧めています。
何か一つを引き金として改善することで、他の全ては
関連している、ということです。

また、97歳の現役ピアニストの方のエッセイも紹介しました。
「毎日、続ける」というタイトルのとおり、どんなことも
続けることが大事、との言葉に説得力があります。

この方、ヨーロッパのピアニストに体力負けしないよう
肉食を常として、97歳の今も夕飯には100gの肉を食べて
いらっしゃるそうです。肉食、それも夕食。
昨今の健康ブームがいうところの健康的な食生活から
真逆ではありますが。

ハーブティーを販売していると、時々
ガンが消えるというこのハーブはありますか?
などという問い合わせがあります。

確かに消えた人もいらっしゃるのでしょう。
でもそれは、「サンプル数1」の特殊な例で、万人に有効とは言い切れません。

ですので、確かにノンカフェインの食物繊維たっぷりの水分を
摂ることは身体にいいと思いますけど、ガンすら消えるような
大きな影響のあるものを摂ることの方が怖いです、とお伝えします。

植物は古来より人の暮らしと共に在りました。

食生活はもとより、医療、祭事、贈り物や呪術まで。

そんな広い守備範囲の中で、私は暮らしを豊かに彩り
楽しみを持つことで、健康的な暮らしを手に入れることができる・・・ものとして捉えています。

ということをお話ししたら、10年近く続けてきてくださっている方から、今回入られた方まで大きく頷いてくださいました。

大演説みたいになってしまいましたが、時々こんな風に確認しながら進めております。
【2019/02/14 02:06】 | 教室 | page top↑
テトラサシェ
NHK松山放送局ラジオまどんな
12月18日放送
でご紹介した、テトラサシェの作り方です。



<材料> 木綿布 6×12cm(縫い代込み)
金ビーズ 4個 ラベンダードライ 大匙1
<作り方>
布を中表にして両端を縫いラベンダーを入れる。
(ラベンダーが無い場合はコットンなどに精油や香水を含ませる)
縫い代同士を合わせてかがり、テトラ型にする。



4つの頂点に金ビーズをつける。(リボンを縫い付けて吊り下げるようにしても)
【2018/12/24 07:41】 | ハーブクラフト | page top↑
サフランが咲きました

庭のサフランが咲いています。
いろいろなところに植えていましたが
今はこの、柘榴の下、匍匐性のローズマリーの茂みのあたりにだけ毎年咲きます。

置かれた場所で咲く
確かにそれも大事ですが
自らより良い環境を求めてそこで咲く・・・
というのもアリかな・・・・
最近、よくそう思います。
【2018/11/09 07:34】 | ハーブクラフト | page top↑
得意を強みに
ハーブやアロマの情報は、現時点での正解はひとつです。
新しいことがわかるたびに正しいといわれる情報は書き換えられますが、
少なくとも現時点での正解はひとつです。
なので、正しいことをお伝えしているだけでは講座としては
誰がやっても同じということになります。
カルチャーの講座をこれから始めようという人へのアドバイス
を聞かれることがあるのですが
弱点をカバーしようと思ったら限りがありません。
強みを生かすということが他の誰でもない自分の講座になるのだと思います。
そのためには、ジャンルにこだわらず様々な体験をし、本を沢山読み
ネットやテレビの情報に振り回されず、学んだ事を鵜呑みにせず、自分の魅力を増やしていくことだと思います。
一気に魅力アップ!は無理でも、小さなことを少しずつ蓄えていけば
きっと素敵な講座にブラッシュアップできると思います。
なんて偉そうに言っていますが、自分だって何もできていません。
ただ、10年前の私とは違うということだけは胸を張っていえます。
今も、日々反省だらけで、次はここをこうしよう、と思う日々です。
【2018/10/11 18:03】 | ハーブクラフト | page top↑
新型摂食障害 オルトレキシア
日本では昨年あたりから注目されている問題ですが
ハーブ教室をしていると「健康」という問題から離れることはできません。
今日は、生徒さんがグラノーラやはちみつをたっぷり使った
とても美味しい、非常食カンパンのリサイクルスイーツを
作ってきてくださいました。
世の中は糖質制限ブーム。
食べることに躊躇する人もいらっしゃるかと思い
7月後半から8月いっぱい、今話題になっている
糖質制限に関する本を20冊程度読んだという話をしました。
著者は糖尿病専門医が多く、管理栄養士、スポーツ指導者など
沢山読むと、同じ糖尿病専門医でもそれぞれの立場から
意見が違います。つまり正解は一つではないということです。
溢れる情報の中から、「では自分はどうするか」は一人一人が
考えて選ぶ必要があります。
発信をする立場として、良いことばかりを伝えるのではなく
こういう危険性も伝えるべきではないかと思いご紹介しました。
ヘルシーな食生活が悪いわけはもちろん、無いのですが
何事も、極端になってはいけないということです。
自分も気づかないうちに、ヘルシーな食生活が最優先で
人生の質が変わってしまわぬよう、気をつけたいですね。
私は、健康でありたいと願いますが
家族や友達と美味しいものを食べ、飲み、語る楽しみも
人生にはとても大事なものだと思います。
こちらチェックリストです。
もしや・・・と思われる方はやってみてください。
【オルトレキシアチェックリスト】
・ヘルシーな食について1日3時間以上考えていますか?
・何日も前から食事のメニューを計画していますか?
・おいしい食事を食べる喜びより、何を食べるているかのほうが重要ですか?
・食事の質がよくなるにつれて、人生の質が低下していませんか?
・以前より自分に厳しくなっていますか?
・あなたの自尊心はヘルシーな食で保たれていますか? 内心、健康的に食べてない人を見下していますか?
・ヘルシーな食のために、好物を我慢していますか?
・ヘルシーな食のために友人や家族と外食をするのが難しくなりましたか?
・ヘルシーな食のルールを守れなかった時に、罪悪感や自己嫌悪を感じますか?
・計画した通りに食べられた時、自分を完璧にコントロールできてる気分になりますか?
【2018/09/02 03:11】 | 健康 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ